福岡空港 1番ターミナル 9:10JACで鹿児島空港へ
鹿児島空港でお弁当を買い、屋久島での行動時間を
ちょっとでも長くする工夫として、待合席で早めの昼食を。
黒豚弁当 ちょっと高いですが大変おいしかったです。 
乗り継いで屋久島空港へ 定刻11:10より遅れて到着。
空港から予約していたトヨタレンタカー店へ、空港前信号曲がって直ぐ。車種は乗り慣れているヴィ○ツ。山岳道路林道対策で排気量大きめも考えましたが、離合時のため乗り慣れた車種で。
でも やはり坂道 クーラー入れて上るのはしんどかった…。

先ずは「屋久島自然館」へ、
「ヤクスギランド」行く途中ということで立ち寄りました。
荒川登山口交通規制に伴う一般車両駐車行われていました。建物正面の駐車スペースへ。
靴を脱いで入場。木の感触を楽しむとはと感心しつつ館内見学。カウンター横の教室作品の木工ストラップを
早速お土産用に購入。自然館HPにある「屋久島 時間距離図」良い目安でした。
いざヤクスギランドへ。立派な道だと喜んでいると 中央線が無くなり道幅が細く、草木が視線の邪魔をする
クネクネ道へ変身。
道路脇の看板どおり ライト点灯した方が良いのかなーと思案しながら、ヴィ○ツがんばって上ってくれました。

途中ヤクシカさんとヤクサルさんが何故か一緒の
ところを通過。
往復 シカさんには数度対面。
林道のため蓋無しの側溝もありましたのでご注意を。
 
ゲート管理人が開閉してある荒川登山口入り口を右手に見ながら左へ。
「ヤクスギランド」前へ。道路には数人ガードマンらしい人が。
「紀元杉」までのおよその時間を確認し、そのまま 先ずは「紀元杉」見学へ。
車速によって到着時間は当然変わるわけですが、案内板が無い!
不安を抱えつつ クネクネ道を。やっと距離掲示板が… でもかなりの距離表示。
で、やっと右手に目標物が。駐車場は無く側面に駐車。
標高1300メートルくらいとの看板を見て…。
杉の右側階段を下りて「紀元杉」の幹の近くへ。ぐるっと回って左手階段へ。

山間部 auつながらないところがほとんどとわかり…脱輪やエンジントラブル パンク 事故起こしたら どないしょ と怯えつつ 無線ハンディリグ持って来てないぞーと言いつつ 折り返し「ヤクスギランド」へ。
売店対面の道路脇へガードマンさん指示で駐車。
一応ガイドブックに載っていた服装・仕様で準備。先ず 売店右のトイレへ。
ランド入り口で協力金支払い 50分コースへ。春なら80分かと思いつつ
明日は白谷雲水峡もあるので仏陀杉を目標に。
このコースなら歩道整備されていて、滑りにくい靴なら問題ない観光地環境でした。
天候次第で傘・ポンチョ・レインウエアー上下へとかなと。
雫が落ちてくることもあり帽子は必需品。タオル首に掛け カメラで…。
ゆっくり見て回ったつもりでちょうど設定時間に。
で、締めに売店、お土産品探しへ。ここに今回の目的?もののけ姫に出てきた森の妖精?「森のことだま」手作りストラップがありました。
どこでもあるかと思っていましたが、他のお店では見つけられませんでした。

用心しながら安房へ下山、右折して「千尋滝」へ。
カーナビ見ながら走行、指示よりも前に右折の看板が。
細い道へ右折、後は案内板に従ってお土産売店前の駐車場へ。
徒歩数分 滝の音が。結構近いのかと驚きながら左カーブ。
近いような遠いような 大きな一枚岩に圧倒されました。
駐車場でタンカンジュース飲んで、宿泊予約のホテルへ。

ホテル手前の信号左折、すぐ右のJAcoopでチョコレートやらお菓子購入。
地図にはコンビニがあったのですが見つけられませんでした。(帰りに発見!ちょっと判りづらい…)
で、屋久島いわさきホテルへ16:20着、眺望すばらしく良いホテルでした。
自然散策コースあり、ヤクシカ(説明看板裏に餌の葉っぱがあります)も。お風呂は温泉、かわいい露天風呂もありました。
HPにナイトウオッチングの案内があったので、フロントで聞くと当日申し込みでは難しいとのこと。
お天気が良い予報であれば、事前に内容費用等問い合わされることをお勧めします。
翌日予定の白谷雲水峡での昼食お弁当をフロントで予約、助かりました。
バナナとミカンついた ちょうど良い量のお弁当でした。






翌日は時々雨がざっと降る天気。パッと晴れ間も…。モッチョム岳に雲が駆け上り雨が…。
雨の屋久島 山が良いというお話を信じ準備。
予定より早く8:10ホテル出発、宮之浦から登山道へ。こちらも最期まで立派な登山道かなーと思いつつヴィッツでがんばって上りましたが、途中から狭く見通し悪い道へ…。途中拡幅工事中。そこへバス、 離合冷や冷やしつつ 白谷雲水峡入り口の建物が右手に。
左手トイレ前を過ぎたところで駐車場満杯とのことで 道路右側へ駐車。9:30到着、トイレへ。
かなりな賑わいに、来てみないとわからないなーと…。
雨具、ザックカバー等の確認、出しやすいようにし 準備運動。協力金支払い 来た県名をお答えして入場。雨がぽつぽつする中、一路 楠川歩道から「もののけの森へ」。
悪路用 雨対策した靴で助かりました。ウエアーはモン○ルで購入、靴は3年ほどで接着剤劣化して駄目になるということで、利用頻度考え大型靴店トレッキングアウトドア用コーナーで安く購入。
大雨の時はスパッツがあった方が濡れなくて良いなと勉強に。

ガイドブックに出ている時間で白谷小屋へ。辻峠への歩道沿いに小屋はあると思い込んでいたので、ちょっとだけ右へ入った沢の向こうに小屋があって あせりました。
小雨のためベンチでの食事は断念。トイレだけ借りて、分岐表示ある木陰のベンチで休憩。
七本杉を過ぎ もののけの森かなーという場所へ。他のガイドさんの説明を拝聴し 雨の中 雰囲気を楽しみ しばし写真を…。
陽が差すと緑の色の違いに感嘆…。大変ですが雨の日も良い状況でした。
辻峠目指すのは始めから予定していなかったので、白谷小屋へ。小屋前の流水で洗面、汗と雨で濡れたので 身体をタオルで拭き 小降りとなったのでレインウエアーを脱ぎ11:00過ぎに早めの昼食。
 じっとして 空気の冷たさに初めて気がつきました。
下山開始、もったいないことですが、諸般の事情により「もののけの森」のみ、屋久杉原生林もカットする旅行でした。
登山用ストック持ちませんでしたが、夏場と言うことで軍手が大変役立ちました。ちょっと歩道沿いの岩や木を支えにして安全確保出来ました。


駐車場で着替えを終わり、レインコートは
持参していた針金ハンガーで車内干しに。
パッと駐車場脇を見ると雄シカさんがお休み中。
駐車場にいた係の人に聞きくと、この防災柵の前か
駐車場左奥がお気に入りとのことでした。


1:00前には下山し、志戸子ガジュマル園へ。
案内板に従って右折、堤防突き当たりを右折して
堤防沿い150メートルほど先にありました。
横に成長しながら壁のようになるガジュマルが
たくさんある場所は初めてでした。虫が多いため団扇が
受付にありました。子ども好きな虫のようでしたので…。


で、次に永田海岸、NPO 屋久島うみがめ館へ.。入場料払うと
中学生?高校生?ボランティアの女の子2人が館内を案内してくれました。
救助され子ガメが十数匹 パレットの中を…。
救助された子ガメの放流・子ガメの脱出見学できる方法教えてくれましたが
残念ながら帰宅日 叶いませんでした。
で、手作りの木彫り亀さんやTシャツ(私的にやっと着れそうな屋久島土産ものを見つけてホッとしました)・ステッカーを購入。入り口のガチャポン400円も一回し。


15:30宮之浦の観光センター他でお土産を購入。ガイドブックに出ていた木の精霊?こけしを探し回り 宮之浦消防署横の屋久島特産品協会店でゲット。
最後に、屋久島環境文化村センター(本当はここに来てから登山・観光した方が良かったなーと見てから反省)へ。左の写真 クラゲの足みたいのものは島の各所に降る雨量を示した物でした。大スクリーン(かなりでかいものでびっくり)に映し出される屋久島の自然 阿部寛さんナレーションでしたが16:20からの最終上映25分間あっという間でした。

その後は空港前ガソリンスタンド経由レンタカー店へ。
車内のゴミ(ペットボトル数本、お弁当の入れ物やらどこでも捨てられないゴミでお土産紙袋一杯の量でした)はガソリンスタンドで引き取ってくれました。「こんなに大量でも良いんですか?」と聞いたのですが、ニコッと処分引き受けて下さいました。オレンジの看板 エネオスさんだったでしょうか…。ありがとうございました。セルフも近くにはありましたが満タン証明のためここへ。
17:20空港に入り、18:00発鹿児島行きJAC DH4に。19:40福岡空港へ無事到着。

縄文杉を見るツアーの時は当然2泊以上必要でしょうが、それ以外でも一泊ではもったいないことでした。奄美大島と同じで ゆっくり観光するには思っていた以上に大きな島だとわかりました。
次回は先にガイドさんも依頼した上で安全に、各所説明聞きながらゆっくりと楽しみたいと反省。

      2012年屋久島旅行記 追記は下に




追記
2012年(平成24年)8月21日(火)から23日(木)まで、
       第3回目の屋久島旅行
に。
 2回目も一泊だった為、「縄文杉を是非見たい」一念で今回は2泊旅行を(内心 体力不足 不安不安でしょうがない中で…歳は50歳代突入、野球とかランニング等名称の運動歴は日常無し、エスカレーターは使わず階段を使う・20分程の徒歩圏内で時間的余裕あれば歩くという意識程度のものです。で、縄文杉トレッキングの体力について不安でブログ・体験記見て回った心配性野郎ですm(_ _)m。全予約とれて3週間は節制と体力づくりには関係HP見てちょっとだけは努力したつもり)

1日目
第1回目の屋久島旅行便とほぼ同じ到着時間で無事に(出発地で荷物預ける時に現地天候調中査情報、職員さんからあったため不安抱えつつ出発)、鹿児島経由し屋久島空港へ。噴煙上げる桜島見えました。
空港前のレンタカー店から反時計回り方向で出発。
先ず宮之浦にある「屋久島環境文化センター」へ。目的は初めて連れて行く(付いてきて下さった)子どもに大スクリーンで屋久島情報をザッと入れて欲しかったたためでしたが12:20からの上映前に到着。
様々な展示物・ジオラマ等見てちょうど上映時間になりました。
次は腹ごしらえ、センター前の交差点お向かいお土産物屋さん2階の食堂へ13:00。トビウオラーメンとトビウオの唐揚げ定食頂き、ガイドブックでホテル到着時間から移動時間と観光時間を逆算。

今回は志戸子のガジュマル園は外して、永田の「屋久島うみがめ館」へ14;00。で、なんと火曜日は休館日・ショックー(T_T)…地元物差しで月曜日が休館日と決めつけHP休館日掲示見落としていました。更に永田の集落、河口付近から見ることが出来ると教えて頂いた奥岳と呼ばれる山々岳々も厚い雲の中…。
気を取り直し、不安にも思いつつ西部林道へ。工事区間あり、初めは余裕の道幅、ヤクシカさん・ヤクサルさんも木陰濃い側道にお姿が。が、後半は薄暗く曲がりくねって狭いという伝聞通りの道となりましたが田舎道は慣れたもの 無事通過。

大川(おおこ)の滝15:00・中間のガジュマルを見学15:25し、予約したホテル前を通過して千尋の滝展望台へ16:10。コンビニらしきお店で飲み物購入し、5:00前にチェックイン。ホテルは第1回目屋久島旅行と同じホテル。

第2回目に空港正面のホテル・本当に大きなお風呂で気持ち良いホテルに一泊したのですが、口コミで教えて頂いた通り、堅いものが床や壁に当たる音が筒抜け…、気にならない方は良いでしょうが3:00〜4:00に縄文杉に向かう方々の準備の音でちょっと寝不足体験したため今回は移動距離のハンディは承知の上で「いわさきホテル」に。
チェックイン時に22日縄文杉トレッキングのガイドさん手配確認、朝・昼お弁当・無謀にも23日は3度目の白谷雲水峡に行く気満々で昼のお弁当も予約注文を(この時22日と23日昼お弁当同時注文したためか両日でお弁当中身がちょっと変わっていました…バナナとミカンがキィーゥイとブドウに・ふりかけが海苔に)。
荒川登山口への往復バスチケットもフロントで購入し、ガイドさんからの連絡待ち。ガイドさん送迎付き宿泊・アクティブプランがあったのですが航空券手配の時に一緒にホテル・レンタカー予約した後でしたので、ホテルとメールで別途ガイドさん紹介できるということで1名14,700円でしたが依頼。理由はペース配分の心配とやはり初めての縄文杉 各所説明聞きたいのと、尾之間と安房の距離と早朝移動・疲労困憊が予想される中に自分で運転して自然館前でガイドさんと合流・帰りたくなかったためです。

部屋に向かう途中、鹿園のことを聞くと第1回目に来た時 餌の葉っぱあげたヤクシカさんいないということでがっかり(今日は子どもを喜ばせる計画が次々に没…(>_<))。庭園地図にはあるのですが右上白く塗りつぶされたサル園と同じ運命のようです。
モッチョム岳見つつ部屋でパッキング中にガイドさんから連絡、他家族と混成で計7名とのこと。必要なものとして雨具他靴、朝・昼のお弁当の、バスチケット、折りたたみ雨傘の確認が。で、ホテルロビー待ち合わせ出発が「4:00」ということで連絡終わり。
起床時間は3:00頃と覚悟し、お弁当入れてしめる段階でパッキングを終了。

夕食を1階で頂き、お風呂へ。大浴場でのんびりさせてもらい部屋で缶ビールを1本飲み、お土産物コーナーへ。登山用品必需品もディスプレーしてあり自分の持参品と重ねて確認を。
21:00消灯・無理矢理就寝、ビール酔いさめかけの睡眠導入状態でなんとか睡眠に……
                             1日目終わり


2日目
3:00 モーニングコール・携帯電話のダブル目覚まし攻撃で起床。
テラスに出るとまんてんの星空…「やったー」と思って準備。
 スポーツタイツCWーXを着用し、モンベルショップで相談して買った服(長袖・半袖準備していきましたが半袖に)着用。上の雨具だけ出し、ズボンの雨具・ザックカバー・レインスパッツ・折りたたみ傘・捻挫等の対策用品ザックに入れ、3:45ロビーへ。
 フロントで予約していた朝・昼のお弁当頂き重いものは肩胛骨あたりががベストということでザック詰め終了。で、照明ついた外を見るとワイパーを盛んに動かしている自動車が…。慌ててズボンの雨具とザックカバー。折りたたみ傘をザックから出し薄く配置して準備やり直し。ガイドさんのエスティマに乗車して猛スピード?で自然館前バス停に向かいました。
4:30自然館前屋根付きのバス停には行列が…。先着順で4:40のバスには乗れずダイヤ上は5:00発に乗車、窓・ボディーに当たる雨音聞きながら目をつぶって山道を。
5:30には登山口バス待合所で雨をよけて朝食。ガイドさん持参の軽い折りたたみ座布団貸り、濡れた床にひき早速朝食お弁当を。参考にした屋久島旅行体験記あった通りいわさきホテルさんの朝食お弁当はは手ふきが入った無地のコンビニ袋の中、パン2個が紙袋に、柔らかいケースに殻付きゆで玉(塩の小袋つき)、ソーセージ、ハム等軽い朝食で私には良い朝食でした。お隣のグループのボリュームあるお弁当は50越えの私には超早朝からは無理そうな…という感想。

トイレを済ませ、ザックカバーを付け、靴紐を調節しレインスパッツ装着雨具の裾綴じし、ザックのショルダーベルトにつけたドリンクホルダーに500ミリのポカリを入れ、反対のベルトには防水のコンパクトカメラをつけ準備万端??と思いつつ外へ。パラパラと雨が降る中で準備運動、噂通り間隔がバラバラで枕木間が水たまりとなって所々歩きにくい歩道へ。傘を差し薄暗いながら歩行には支障ない足下の中に6:10出発。(ヘッドランプは結果的には不要となりました…)。
各体験記にある通りながら濡れた木道・うなりを上げる激流を下に見ながら橋を渡るスリルに初めからめげそうに…。必死に?渡ること数回。ガイドさんの説明聞きながら、休憩しつつ大株歩道入り口を目指します。7:55バイオトイレ前通過、大株歩道入り口のトイレ休憩からグローブつけて登山道へ。9:35ウイルソン株前に到着ハート型撮影混雑で長い休憩、大王杉10:45に。11:20縄文杉テラスの足下に到着。行列見てホッとしつつ徐々に階段上に。
11:30ガイドさんにカメラあずけて縄文杉背景に記念撮影(^_^)v。両手が思わずあがりました……。20分程テラスで縄文杉を角度を変えて拝見(テラスのエリア逆行は一応出来ないそうなので注意を)。
テラスから70b程離れた休憩小屋へ。24時間テレビのロケ地ということで配線が登山道各所に準備してありましたが、休憩所の下や広場はブルーシートで覆った機材が山積みでビックリ。発電機・中継機材等々でしょうが山には異様な風景でした(撮影のお陰で歩道が整備されていたようで大助かりだったかもと放送当日思ったことです)。

この休憩所でガイドさんから頂いた暖かい味噌汁が最高でした。浸みましたー 「おいしい−」以外ありませんでした。雨具、雨傘で雨をよけても汗で服が濡れ、体温奪われ気温自体が低いことでじっと食事をすると本当に寒かったです。
12:20下山開始14:05登山口到着休憩、黙々と帰路へ16:25荒川登山口到着。バスは満車で先に出発していたので予定通り?記念撮影を。出発の時の緊張した顔は無く安堵の顔で撮れていました。
バス乗車順は待合所にザック等並べた順番、休憩トイレの前に先ず並べることをお勧めします。
バス待合所入って左側に簡単な更衣室が2室?ありました。500円協力金出すと「屋久島」と焼き印が入った木のストラップ(自作するもの)がもらえました。16:47に満車で出発、自然館前に無事到着。ホテルまでも土砂降りの中でした。

帰路はT字グリップのポールを使いましたが、へばった膝と脚力には良かったよう(比較しようがないのでこの表現)です。木道ではカーブにトロッコの遠心力受けるため少しだけ内に傾斜あるようで木道何故かバランスを崩す場面で予防と共に助かりました。登山道もアップダウンの木道や不安定な石先に乗る時の補助で(モンベルでポール先端のゴムを大きなものに交換)助かりました。
ダブルのポールは見ているとスキーのストックのよう、コツをつかめば良いのでしょうが現地で即使用は無理そう。帰って調べようかと興味をもってチラ見を。

一時は雷鳴響く豪雨の中の帰路でしたがトロッコ道=川か?と思う場所も多数。枕木も沈みなんとか枕木踏みつつ通過する場所ではレインスパッツが大変役にたってくれ靴の中は最後まで浸水無し(子どもは右足靴に少々浸水が)で終わりました。冷たい水でしたから注意が。
登山靴の中にもトレッキングに適したと謳う衝撃吸収素材の中敷きを入れて、枕木踏む時には効果あったような気が…。

ウエストポーチはお菓子やポカリ粉末など、休憩始め・歩きながら食べたり水場でさっと出せて重宝しました。井村屋「スポーツようかん」持参、小休止・甘い物が本当においしく元気の素でした。(尾之間のコンビニ風お店のソイジョイ等携行食は完売となっていました。)他には熱中症対策用のキャンディーやジェルタイプの栄養補助を体力の低下と共に軽量化?食べつつ下山帰路へ。

後はジプロックが大活躍。ザック・ウエストポーチも濡れると困るものやまとめて置きたいものを大小のジプロック袋に入れて大助かり。

カメラは防水タイプ、ペンタックスのタフなコンパクタイプを利き手ショルダーのカラビナに掛けカメラのカラビナとダブル掛けで使用(ブラブラしますが外さずにモニターが目の前にくるので)しました。
上記時間が細かく分かるのは、デジカメに日付以外にタイム表示まで設定たため。問題は私が疲れたりしてポーッとして撮影してない場所が多数あることですが、とにかくシャッターをきれば後から時間は確実にわかるようにしました。GPS機能はあきませんでした^^;。

 好天か時々雨を想定して準備した雨対策が、終始雨の中の行程で役に立つと同時に、ザックカバー掛けた中から必要なもの直ぐに出しにくいことへの対応は欠けていたと反省。
 天気が良いと今度は熱中症・脱水症状の問題が起こるそうで、長距離の徒歩移動油断ならんものです。
                               2日目終わり

3日目
昨夜は縄文杉から帰ってきて濡れたものをハンガーに掛け、汚れ物は収納。縄文杉見ることが出来た悦びは話しつつも「明日の白谷雲水峡、天気悪そうやし無理やねー」と へたれた会話に…。
とにかく急いで片付けて大浴場へ。温泉でのんびり、フロントで沖縄イメージで荒天雨天対策プログラム的なコース、体験教室や珍しい工房紹介パンフレット等ありませんかと聞いても???で、スマホに頼るかと部屋へ。
20:30から6階で夕食。黒じょかで頂く暖かい焼酎がおいしいことでした。

で、3日目何故か5:30 日常定刻の目覚め…。
股関節・太股の痛みは少々あるものの異常なしということを
朝風呂で確認、。膝が痛くないのはCWーXのお陰かなー股関節が痛いのは何故?(筋力・体力不足の証拠だそうです…)と思いつつ、部屋に戻って「やっぱ行くぞー」と号令、早々に朝食頂いてお弁当を頂き8:00にホテル出発。
尾之間から宮之浦までの移動時間はやはり厳しいもの、9:20到着で雲水峡駐車場は第2駐車場に。
時々小雨、準備して入り口へ。協力金払い「どちらからお見えに」で県名答えると「ガイドさんつきですか」の質問が初めて。理由は沢の徒渉箇所増水により往復難しい場合がありうる・あるとのことの注意喚起。
楠川歩道往復が当初からの予定「無理だったら帰ってきます、雨脚激しくなったら直ぐ下山開始します」と言ってコースへ。
1カ所だけの徒渉箇所難なく通過、白谷小屋前の沢も難なく入って汗ふき。直ぐに歩道に戻り七本杉、来る度に数え直して「苔むす森」へ到着10:30。写真撮影とうんちくの会話混ざり プチ渋滞と混雑の中、聞こえてくるガイドさんの説明を聞きつつしばし休憩。
この天候では太鼓岩からの絶景(第2回目旅行中 快晴に恵まれ見た風景は言葉につくせないものでした。子どもにぜひ見て欲しかったところですが)は今回は無理だろうと折り返す10:50と途中で縄文杉登山グループの大阪からお見えの3人のお嬢さん達と再会、
元気良い気さくで明るい山ガールさん達でした。徒渉する沢の状況と苔むす森の人混み情報を交換してお別れ。
一気に下ると飛流落としの手前のベンチが珍しく空席。で、そこで断続的な小雨の中、傘準備してお弁当を頂きました。
豪快な流れと水音を見聞しながらのお弁当、登山にはまりそうな条件が又一つ増えました。
レンタカーで普段着に着替え登山靴の重さから解放されてホッとしつつ豪雨の中下山。初日休館だった「うみがめ館」へ直行13:25着。いました子がめさん達、タグのストラップ他購入・募金に協力して宮之浦方向へ。
志戸子のガジュマル園に14:25着で、園内で蚊に刺され文句言いつつ、次は安房南の屋久杉のストラップ自作が予約無しでもできる工房へ行こうと再度南下。で、考えてみると子どもは「屋久島自然館」に入っていないということに気がつき目的地変更。
15:10着。すると、ここでも縄文杉登山グループの単身旅行中の方と入り口でばったり。
縁はいなものだと思いつつ館内の映像資料他縄文杉「いのちの枝」をさわって年輪のルーペ見て1000本なんてわからんと言いつつ一巡、屋外入り口ののトロッコ列車の前で記念撮影で時間切れ。
ガソリン満タンにしてレンタカー返却終了。で、空港について16:30チェックインし屋久島空港左手奥の食堂でシカ肉の定食1700円也(ヤクシカさんは町部や農園地域では害獣になってしまったそうで…)を食べさせて頂き全旅程終了。
無事飛行機乗り継いで(登山靴2足と濡れたものを入れたためでしょう、2人分一つの旅行鞄に初めて「HEAVY」のタグがついていました(笑い:職員さん重くてすみませんでしたー)帰宅しました。

追記の追記
 縄文杉トレッキングのグループでリタイヤ(途中断念)された方が出ました。大株登山口でガイドさんと話し合われウィルソン株からの引き返しに。で、ガイドさんも一緒にホテルまでという話に。
 グループ残り3人に縄文杉行きの意志確認後、同会社のガイドさんグループに入る形で無事目的達成と帰着ができました。
 リタイヤの状況・理由も様々でしょう、他社ガイドさん同士の互助もあるかもしれませんが結構大変なことだと半分当事者で分かりました。


3度目の屋久島旅行でしたが道路の制限速度が40キロと50キロとコロコロ変わる中レンタカー移動、今回も速度超過には気をつけていましたが、最終日午後、宮之浦からを安房方面に向かう途中の道沿い市街地ど真ん中で「止まれ」表示の三角旗を持ったヘルメット姿の人影がちらりと左側ブロック積み壁の向こう陰に…。
「おゃ」と思ったので注意を……。たまたま地元自動車?の後続で法定速度内で通過できたようでしたが、旅行中に切符のお土産はいらないなーということで(勘違いかもしれませんが…ネット上の屋久島旅行記にちょっと出てきます)。

日頃の運動不足というより運動していない状況でしたが、2回目の屋久島旅行・白谷雲水峡の太鼓岩往復(奉行杉コース含む)を難なくこなせた自信だけで縄文杉トライしました。
登山は大株歩道往復だけ、後はトロッコ道の長距離移動と割り切ってみました。雨対策は当然ですが、タイツや靴の中敷き等不安解消の用具が良かったかなーと思うことです。「縄文杉を見たい」がいつの間にか「行き着きたい」と変質したような気もしていますが…(^^;)。

2010年8月3日(火曜日)〜4日(水曜日)
一泊二日で 子ども1人と屋久島へ行って来ました。
追記・2012年8月22日(水) 
縄文杉トレッキング体験記あり

荒川口バス待合所で協力金出すと頂けました

バイオトイレ前

ハートのお尻だそうで…。